病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内 f1loor_map_1F (2)
入院のご案内
お見舞いの方へ
診療科のご案内
交通のご案内
お問い合わせ先
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
クオリティーインディケーター
診療実績・臨床指標
個人情報保護方針
「研究・学会等への症例使用」に関する包括同意について
医療安全管理指針
病院へのご寄附のお申し入れについて
医学情報ご案内

専門・認定看護師の活動

看護部紹介理念・基本方針看護部長挨拶部署紹介
先輩紹介専門・認定看護師の活動教育・研修募集要項
インターンシップのご案内復職支援研修







専門・認定看護師の活動



当院では、患者さんやご家族へのケアの質を向上させるために、看護専門分野ごとの教育を受け資格を取得した、専門・認定看護師が活動しています。
当院では、精神看護専門看護師1名、皮膚・排泄ケア認定看護師2名、糖尿病看護認定看護師2名、感染管理認定看護師2名、がん性疼痛看護認定看護師1名、がん化学療法看護認定看護師1名、認知症看護認定看護師1名、集中ケア認定看護師1名、脳卒中リハビリテーション看護認定看護師1名、手術看護認定看護師1名が活躍しています。

精神看護専門看護師

精神看護の専門的な知識や技術を用いて、患者さんやご家族に対して、“こころのケア”を提供しています。患者さんやご家族が、病気や治療のことで、不安になったり気持ちが落ち込んだりしたときに、お話を聞き、一緒に考えたり、時には一緒に悩んだりしながら、安心や気持ちの落ち着きが得られるようなケアを心がけています。

皮膚・排泄ケア認定看護師

創傷・褥瘡、失禁などの排泄障害、ストーマに関する問題について、患者さんの生活の質が向上できるように組織横断的に活動しています。院内の褥瘡対策チーム、褥瘡リンクナースと共に褥瘡発生予防に努めており、医療スタッフに必要な教育や指導を行っています。ストーマ外来では、人工肛門・人工膀胱を持つ患者さんが術前より退院後の生活が快適に過ごせるように支援しています。排便障害専門外来では、食事、生活、排便習慣、スキンケアに関するアドバイスを行い、症状の改善に努めています。そして、専門分野に関する学会・教育・執筆活動、地域との連携も行い、幅広く活動しています。
ストーマ外来についてはこちらから

糖尿病認定看護師

糖尿病は患者さんが「予防する」「療養生活を無理なく続けられる」ことが必要です。患者さんと十分にコミュニケーションをとりながら、「主役は患者さん、看護師は黒子」として継続的に支援しています。また、医師・看護師・コメディカルスタッフとともに協働し、糖尿病のチーム医療のコーディネートを行っています。

感染管理認定看護師

感染管理認定看護師の役割は、患者さん、ご家族および医療従事者、訪問者など、病院に関わる全ての人を感染から守ることです。医療・看護ケアの向上のため、医療従事者全てが適切な感染予防策を遵守するために、リンクナースや院内感染対策チームとともに感染症発生時の対策指導、マニュアルの作成、感染症発生状況の把握、職員教育などを中心に組織横断的に活動してます。

がん性疼痛認定看護師

がんに関連する痛みは、身体的な苦痛だけでなく社会的・精神的にも影響しています。がん性疼痛認定看護師は、がんに関連する痛みのアセスメントや鎮痛剤の効果、副作用対策にかかわり、患者さんの苦痛が緩和できるよう活動しています。また、がん性疼痛に関する院内研修を実施しています。

がん化学療法看護認定看護師

がん化学療法を受ける患者さんとご家族を対象に最新の知識と技術を用いて看護ケアを実践します。医師・薬剤師・看護師等の多職種と共働して、患者さんとご家族が納得して安全に、安心して少しでも苦痛がなく治療を受けられるように意思決定支援、安全な投与管理、化学療法に伴う副作用対策、セルフケア支援を行っています。また、がん化学療法に携わるスタッフから相談を受け、具体的な指導も行います。

認知症看護認定看護師

認知症の方が発症から終末期まで、残されている機能を発揮しながらその人らしく過ごすことができるよう、患者さんとそのご家族を支えることが認知症看護認定看護師の役目です。認知症の方にとっては、関わる私たちも環境の一部ですので、スタッフが認知症を正しく理解できるよう指導し、相談に応じながら患者さんが安心できる関わり方を一緒に探っています。患者様の笑顔は私の癒しになっています。

集中ケア認定看護師

生命の危機状態にある患者さんに対し、できる限り快適な療養生活が送れること、一日も早く最良な状態で回復できるよう看護の力を最大限発揮することを目標に、医師や看護師、コメディカルスタッフと協力し療養の支援をしています。ICU内の活動が中心となりますが、院内の重篤な患者さんへの看護に関しての相談や指導を行い、病棟スタッフへのサポートも実施しています。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師

脳卒中は、日本人の死亡原因第4位、寝たきりになる原因第1位の疾患です。運動障害や嚥下障害、高次機能障害の状況に応じ、回復期リハビリテーション病院に転院する場合もあります。またあまり知られていませんが、入院前の生活習慣が改善されないままでは、退院後の再発のリスクも大きくなります。住み慣れた地域で、その人らしく暮らし続けるために、他職種と協働し生活の質(QOL)の向上を目指し活動しています。動ける身体つくり、食べる・話すことができる口腔環境の維持、可能な限りトイレでの排泄、高次機能障害が日常生活に及ぼす影響を予測して、入院当日から退院を目標に患者さんとご家族をサポートすることが脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の役割です。

手術看護認定看護師

手術を受ける患者さんやご家族が安心して手術を受け、少しでも早く患者さんが思い描く生活に戻れるよう術前・術中・術後を通して看護を行っています。また、病棟・外来看護師・医師・麻酔科医・臨床工学士など様々な職種が関わる中で、患者さんとご家族の思いが尊重され、周術期を通して各職種が専門性を最大限に発揮できるよう調整役として活動していきたいと考えています。
PageTop