病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内 f1loor_map_1F (2)
入院のご案内
お見舞いの方へ
診療科のご案内
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
クオリティーインディケーター
診療実績・臨床指標
病院広報誌
給食だより
医学情報ご案内
患者さまの声
個人情報保護方針
「研究・学会等への症例使用」に関する包括同意について

大腸肛門病センター(Coloproctology Center)


大腸肛門病センター肛門疾患機能性疾患大腸疾患

大腸内視鏡検査臨床カンファレンス大腸肛門病懇談会研修生

研修希望の方へHOME




大腸肛門病センター(Coloproctology Center)


■大腸肛門病センターについて
肛門疾患のみならず、大腸肛門機能性疾患、大腸癌、肛門癌、その他大腸、小腸の炎症性腸疾患を広く扱い、診断から治療まで一貫した医療を行っています。
日本大腸肛門病学会の肛門疾患部門では中心的な役割を果たしています。


■肛門疾患
当院では外来初診患者約4600例中6割近くを紹介患者が占め、年間約2500例の肛門疾患の手術を行っています。

■機能性疾患
小腸・大腸・直腸・肛門等各患部における疾患の治療・手術及び術後のそれぞれの機能を保つべく最善をつくしております。

■大腸疾患
小腸・大腸の疾患において、外科的治療・HALS、単孔式腹腔鏡手術も導入し直腸癌においては、根治性と機能温存の両立をめざし、 又、炎症性腸疾患センターとも協力して外科的治療を数多く行っています。

■大腸内視鏡検査
大腸肛門科にて下部消化管の器質的疾患を精査する上で大腸内視鏡検査は必須の手技と考えられます。 当院のTCS年間件数(H24年時)は、総数5467件です。

■臨床カンファレンス
IBDカンファレンスやMRIカンファレンスを定期的に行っております。

■大腸肛門病懇談会
年3回大腸肛門病懇談会が当院講堂で開催され、全国から熱心な専門医が多数参加しています。

■研修生
当センターで研修された先生方は全国で活躍されています。

■研修希望の方へ
この大腸肛門病領域の外科的診療に興味をお持ちの方で我々とチームを組んで精一杯仕事をしたい方はどなたでも大歓迎です。
 


このページの先頭へ
PageTop