病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内 f1loor_map_1F (2)
入院のご案内
お見舞いの方へ
診療科のご案内
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
クオリティーインディケーター
診療実績・臨床指標
病院広報誌
給食だより
医学情報ご案内
患者さまの声
個人情報保護方針
「研究・学会等への症例使用」に関する包括同意について

大腸・肛門科(大腸肛門病センター)

担当医師紹介 外来診療担当表 診療実績

大腸肛門病センター 大腸・肛門科のご案内[大腸肛門病 大腸・肛門科 大腸肛門病専門外来]

1960年、初代センター長の隅越幸男が、外科の中に肛門疾患を特殊に扱う部門として肛門病センターを発足させた。 その後、大腸疾患の増加に伴い1975年大腸肛門病センター(Colo Proctology Centerを略してC.P.C.)と改称された。現在は肛門疾患のみならず、大腸癌、直腸癌、その他大腸,小腸の炎症性腸疾患を広く扱い、診断から治療 まで一貫した医療を行っている。

日本大腸肛門病学会の肛門疾患部門では中心的な役割を果たし、年3回大腸肛門病懇談会が当院で開催され、全国から熱心な専門医が多数参加している。

設立当初から、大腸肛門病疾患を勉強したい医師が数多く見学や長期の研修に訪れ、その卒業生は全国各地で大腸肛門病の専門医として活躍している。

<主な診療疾患名> 
大腸肛門病,肛門科,痔核,痔瘻,裂肛,肛囲湿疹,肛門ポリープ,膿皮症,毛巣瘻,
尖圭コンジローマ,後遺症,直腸粘膜脱,直腸脱,直腸肛門癌,結腸癌,大腸ポ,
直腸炎,潰瘍性大腸炎,クローン病,大腸憩室症,大腸過敏症,便秘症,
直腸膣瘻,直腸肛門狭窄,レクトシール,括約筋不全

大腸・肛門科を再診される方はこちらをご覧ください

<外来受付時間>
午前 8:30~11:00
午後 月(偶数週は当日可、奇数週は予約のみ) 13:30~15:00
   水・金(当日可) 13:30~15:30

ストーマ外来
PageTop