病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内 f1loor_map_1F (2)
入院のご案内
お見舞いの方へ
診療科のご案内
交通のご案内
お問い合わせ先
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
クオリティーインディケーター
診療実績・臨床指標
個人情報保護方針
「研究・学会等への症例使用」に関する包括同意について
医療安全管理指針
病院へのご寄附のお申し入れについて
医学情報ご案内

医師紹介(消化器内科-炎症性腸疾患内科:IBD)

■副院長/炎症性腸疾患センター長 高添 正和 (たかぞえ まさかず)
takazoe_2 昭和52年 大阪医科大学卒

[診察日]
月/午前・午後、火~金/午後

[専門分野]
在宅栄養療法
炎症性腸疾患(クローン病)の診断と治療

[主な資格]
日本炎症性腸疾患協会副理事長

[コメント]
 炎症性腸疾患は若年者に好発する慢性疾患であり、治療の進歩は著しいとは言え未だ完治するところには至っていません。
 私共では、東京山手メディカルセンター内科の三原則に即って日々の診療に従事しています。
 第一の原則は、進歩著しい基礎的研究から得られた知識と手段を用いて的確に診断し、第二の原則は可能な限り科学的証左に基づいた治療を選択実行することです。
 そして、第三の原則は、なによりも、患者のみなさまの “人生に寄り添った” 医療を展開することが最重要と考え、患者家族のみなさまと共に、病という厄災に立ち向かうべく日々の診療に努めています。

■部長 吉村 直樹 (よしむら なおき)
平成4年 新潟大学卒

[診察日]
月・金/午前・午後 (紹介患者:原則 火・水・木/午前)

[専門分野]
炎症性腸疾患(IBD)の診断と治療
・重症難治性潰瘍性大腸炎におけるシクロスポリン持続静注療法
・クローン病、潰瘍性大腸炎におけるインフリキシマブ/アダリムマブ療法
潰瘍性大腸炎1000人、クローン病400人を診ています。

[主な経歴]
千葉大学医学部第二内科にてIBDの診療と研究に従事した後、平成16年10月より当院勤務。平成21年4月より現職。

[主な資格]
・医学博士
・日本内科学会認定内科医
・日本消化器病学会専門医・指導医
・日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
・日本消化管学会専門医・指導医・代議員
・日本消化器内視鏡学会関東支部評議員
・日本炎症性腸疾患協会(CCFJ)理事

■医員 酒匂 美奈子 (さこう みなこ)
平成13年 旭川医科大学卒

[診察日]
水・木/午後

[専門分野]
炎症性腸疾患の診断と治療

[主な経歴]
国立国際医療センター内科で研修、横浜市立市民病院外科での炎症性腸疾患外科的治療に従事した後、平成16年より炎症性腸疾患グループに勤務。
病気とうまくつき合いながら充実した人生を送って頂けるよう、特に女性の患者様の悩みに対応できるよう努力しながら診療にあたっている。

[主な資格]
日本内科学会認定医
日本消化器病学会専門医

■医員 岡野 荘 (おかの そお)
平成19年 熊本大学卒

[専門分野]
炎症性腸疾患、消化器内科

[主な資格]
日本内科学会認定医
日本消化器病学会専門医
日本消化管学会胃腸科暫定専門医、暫定指導医
日本肝臓学会専門医

[コメント]
 丁寧な診療を心がけてまいります。
■非常勤医員 河口 貴昭 (かわぐち たかあき)
平成15年 千葉大学卒

[診察日]
火/午前

[専門分野]
炎症性腸疾患の診断と治療

[主な経歴]
平成15年から平成17年4月までNTT東日本関東病医院に勤務し、 内科全般の臨床に従事。
平成17年5月より当院炎症性腸疾患グループに勤務。

[主な資格]
日本内科学会 認定内科医

[コメント]
 クローン病や潰瘍性大腸炎の患者さまがうまく自分の病気と 付き合って、満足した社会生活を過ごせるよう支援してまいります。
■非常勤医員 田中 龍 (たなか りゅう)
平成19年 浜松医科大学卒

[専門分野]
消化器内科・炎症性腸疾患

[主な資格]
日本内科学会認定医
日本ヘリコバクター学会ピロリ菌感染認定医
日本プライマリケア連合学会認定医
日本消化器病学会専門医

[コメント]
 丁寧な診療を心がけたいと思います。
PageTop