病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内 f1loor_map_1F (2)
入院のご案内
お見舞いの方へ
診療科のご案内
交通のご案内
お問い合わせ先
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
クオリティーインディケーター
診療実績・臨床指標
病院広報誌
給食だより
医学情報ご案内
個人情報保護方針
「研究・学会等への症例使用」に関する包括同意について
医療安全管理指針
病院へのご寄附のお申し入れについて

スポーツ外来(整形外科)

診察日

初診:火曜・金曜 午前9時~11時
再診:金曜午後

担当医

田代 俊之(整形外科部長)

外来紹介

スポーツによるけが、慢性的な痛みのある方が対象です。スポーツによる障害は早期の診断が重要で、必要に応じてMRIなどで診断を確定していきます。スポーツ障害によっては、早期の適切な期間の安静が必要な場合も多く、また回復期にはリハビリテーションも重要です。当スポーツ外来ではリハビリテーション科とも連携し治療を進めていきます。

受診を希望される方は診察日にご来院ください。
外来診療担当医休診のご案内で担当医の外来日をご確認ください。
当日、お待ち頂く場合がありますので、紹介状をお持ちの方は事前予約も可能です。
総合医療相談室にお電話の上、ご予約をお取りください。
(総合医療相談室 直通電話:03-3364-0366)

手 術

膝靭帯損傷半月板損傷などでは手術が必要なこともあり、患者様と相談のうえに治療を進めていきます。
診療実績はこちら

ランニング障害に対するランニング外来

担当医の田代は長年、実業団長距離陸上チームのチームドクターを続けており、実業団選手、大学、高校、中学選手から一般のランナー、ジョギング愛好家まで、多数のランナーの治療をしています。

◆疾患の説明
腸脛靭帯炎(ランナー膝)
1概念
腸脛靭帯とは大腿四頭筋の外側に位置し、大腿筋膜張筋と大殿筋の付着部から脛骨近位前面のGerdy結節に停止する筋膜様組織である。
ランニングなど繰り返しの膝運動で、腸脛靭帯と骨性隆起である大腿骨外側上顆との間で摩擦が生じ限局性の炎症がおこ
り、疼痛を生じる病態を腸脛靭帯炎という。

2病態
基本的病態は腸脛靭帯が大腿骨外側上顆に擦れることにより生じる炎症とその間にある滑液包の炎症である。
腸脛靭帯は膝伸展位では大腿骨外側上顆の前方を走り、膝を屈曲していくとそれを乗り越え、30度屈曲位付近からは
大腿骨外側上顆の後方に位置することになる。
このため、膝30度屈曲位付近では腸脛靭帯後縁と大腿骨外側上顆の間で摩擦が生じる(impingement zone)
runner1
早いスピードのランニングでは接地時の膝屈曲角度がより深くなり、impingement zoneを超えているため、腸脛靭帯の摩擦は少なくなり、腸脛靭帯炎にはなりにくい。
逆に下り坂、ジョギング、不整地、雨の日のランニングでは接地時の膝屈曲角度が浅くなるため多発すると考えられている。また腸脛靭帯炎のある患者でも膝を伸ばしたまま歩くとimpingement zoneに入らないため痛みが軽い。

3発症要因
素因としては、大腿骨外側上顆の突出が大きいもの、O脚などが関係すると言われている。
また膝の屈曲、伸展筋力の低下も関係している。トレーニングの問題としては、走行距離やスピードの急激な増加、靴の変更などがあり、地形路面の問題としては傾斜のある道路、下り坂での練習が関係している。

4症状
走行時や歩行時に地面に足が接地し体重が負荷されるときに出現する膝外側面の疼痛が主な症状である。
ランニングを続けていると、痛みのために走れなくなることもある。安静で軽快するが、ランニングを再開すると症状が再発することも多い。

5診断
MRI T2強調前額断像にて大腿骨外側顆と最も接する部分にて限局した高信号域がみられることがある。脂肪抑制画像にて強調される。腸脛靭帯の肥厚がみられることもあるが、腸脛靭帯実質部が高信号を呈する症例はほとんど無い。
runner2


6治療i
1) 急性期
局所の安静、過剰負荷の除去、冷却などにより患部の炎症を取り去ることがまず必要である。
安静時痛、歩行時痛があるときは消炎鎮痛剤のパップ剤や経口剤を使う。急性期には腸脛靭帯と外側上顆の間にある滑液包にコルチコステロイド注射を行うこともあるが、副作用も考え慢性例に漫然と使う事には注意が必要である。
急性期には膝屈伸を伴う運動は避けるべきだが、手だけで泳ぐ水泳は場合によっては行ってもよい。

2)亜急性期
ストレッチングにより、緊張が増加した腸脛靭帯の柔軟性を獲得する。
写真はストレッチ法(それぞれ左足をストレッチしている)。
runner3

runner4

runner5

3) 回復期
痛みがでない範囲で筋力訓練を始めていく。股関節の外側安定筋群と股関節外転筋群の強化をしていく。
runner6
痛みがなく筋力訓練ができるようになれば、ランニングを始めていく。再発防止を含め、回内足が強ければアーチサポートを使い、O脚が強いときはlateral heel wedgeを使う。
難治例には筋膜切開、腸脛靭帯延長術、大腿骨外側上顆隆起切除術などの手術治療が考慮される。

7復帰の注意点
局所の圧痛が消失し、痛みを伴うことなく筋力訓練が行えるようになったら、ランニングを再開する。
始めはトラックや芝生などクッション性の高い接地面で練習する。プログラムとしては、早いスピードの練習から始め、徐々にスピードを落とし距離を伸ばしていく(通常の損傷の復帰プログラムでは遅いスピードから始め、徐々にスピ
ードを上げていくので、多くのリハビリスケジュールとは逆になる)
また、始めは1日か2日おきに練習を行い、痛みの出ない範囲で練習間隔、強度を上げていく。
復帰初期にはトラック練習では同じ方向ばかり走らないことや、テニスやバスケットボールなどのmultidirectional
スポーツを練習に取り入れるなどの工夫も重要である。
さらに、症状が安定するまでは、下り坂の練習は避ける。

関連文献はこちら

runnig
 

 

 
PageTop