病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内 f1loor_map_1F (2)
入院のご案内
お見舞いの方へ
診療科のご案内
交通のご案内
お問い合わせ先
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
クオリティーインディケーター
診療実績・臨床指標
個人情報保護方針
「研究・学会等への症例使用」に関する包括同意について
医療安全管理指針
病院へのご寄附のお申し入れについて
医学情報ご案内

【後期研修プログラム】消化器内科

【1.研修の基本方針】
当院の消化器内科は、消化管内科、肝臓内科、炎症性腸疾患で構成されており、それぞれが高度の医療を展開している。特に炎症性腸疾患の患者数は日本有数であり、大腸肛門病センターとの協力により手術も含めた総合的な診療を行っている。
後期研修においては、内視鏡検査・治療を中心とした基本的な手技と消化器疾患全般を網羅する知識と経験を身につけることを主眼としている。

【2.研修の内容】
入院患者の診療については、各分野に分けることをせずに消化器内科全般の患者の診療にあたり、消化器専門医としての知識と技能を習得するのが原則であるが、より専門的な診療の希望に対しては対応可能である。外来診療の研修のため外来1単位(半日)を担当。

○消化管内科
消化器内視鏡検査・治療技術の習得、消化器癌の診断と治療を中心に、その他消化器疾患全般の症例を広範囲に経験。
(1)上部消化管内視鏡
原則として3年目(後期研修1年目)以降で実技は開始し、前期の半年で基本的な手技を習得する。
通常検査(前方視鏡)、色素内視鏡、生検、マーキングなどのテクニック、一般的な上部消化管病変の所見の取り方と診断。
ポリペクトミー、EMR(内視鏡的粘膜切除術)、ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)などの治療内視鏡の助手および術者。
(2)大腸内視鏡
原則として3年目(後期研修1年目)以降で実技を開始するが、上部内視鏡を約3ヶ月程度経験してから開始する。準備としてコロンモデルを使用し、スコープの扱いに慣れる。
挿入と観察、直腸内反転観察、色素内視鏡、大腸腫瘍性病変の診断と治療、炎症性腸疾患の鑑別診断、ポリペクトミー、EMR、クリッピングなどの止血処置など。
(3)十二指腸・胆・膵内視鏡など
原則として4年目(後期研修2年目)以降で実技を開始する。
十二指腸鏡(側方視鏡)の取り扱い方 、基本的な十二指腸・胆道・膵臓病変の鑑別診断、ERCPにおける造影剤注入手技、乳頭部の切開手技(EST)、胆石除去手技、胆道ドレナージの基本手技と応用手技(ENBD、ERBD、メタリックステント)など。

○肝臓内科
急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝癌の診断と治療、肝腫瘍性病変の診断と治療、自己免疫性肝炎、PBC、NASHの診断と治療。
超音波下肝生検、腫瘍生検、PTBD(経皮経肝的胆汁ドレナージ)、EVL(内視鏡的静脈瘤結紮術)など。

○炎症性腸疾患
潰瘍性大腸炎、クローン病、腸管ベーチェット、単純性腸潰瘍などの診断と治療特に難治例に対するマネージメントを学ぶ。

【3.当科は専門医制度に基づく認定施設です】
・日本消化器病学会
・日本消化器内視鏡学会
・日本肝臓学会

【4.研修指導スタッフ】
研修責任者
【畑田 康政】
昭和59年弘前大学卒
日本消化器病学会 専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医
日本内科学会 認定医・ 指導医
専門分野:消化器内視鏡診断と治療
PageTop