学校長挨拶
副学校長挨拶
アクセス
お問い合わせ先
オープンスクール
卒業生のメッセージ
東京山手メディカルセンター
地域医療機能推進機構(JCHO)のご紹介
個人情報保護方針
ほほえみ日和
学校のご案内

東京山手メディカルセンター附属看護専門学校

『温かなマインド』『確かな技術力』『幅広い知識』
看護師への道をサポートします!

 少人数制というメリットを生かし、学生一人ひとりの個性を尊重する関わりを大切にしています。
 看護を通じて人間的成長を目指しています。
「看護の仕事は、快活な、幸福な、希望にみちた、精神の仕事です。犠牲を払っているなどとは決して考えない、熱心な、明るい、活発な人こそ本当の看護師と言えるのです。」(「ナイチンゲール書簡集」より)
 これは、140年前のナイチンゲールの言葉です。21世紀の今、社会はまさに有能な看護者を必要とする時代を迎えています。医療が高度化・専門化する中で、少子高齢化が進み、医療を必要としている人々が様々な場で生活しています。病んでいてもその人の生活の質を高く維持できるかどうかは、看護師の判断の力と実践能力にかかっているともいえます。
 本校は常に社会の動向を見据え、看護の現場を意識しながら、“病気の人を支える人”“職業人として自立できる人”の育成をめざし、少人数教育を実施しています。
「人間にとって看護とは何か」「人が人にケアする」とは・・・人間を深く理解するきっかけを与えてくれる、看護基礎教育の3年間です。
 “命”を尊重し、社会のニーズを先取りし、問題意識と広い視野をもち、常に病む人の傍にいて、その人の苦しみに共感し、手をさしのべられる優しさと暖かなマインドをもった看護師を目指して、一諸に学んでいきましょう。

学校案内はこちら

教育理念

カリキュラム

新着情報
トピックス
PageTop