病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内 f1loor_map_1F (2)
入院のご案内
お見舞いの方へ
診療科のご案内
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
クオリティーインディケーター
診療実績・臨床指標
病院広報誌
給食だより
医学情報ご案内
患者さまの声
個人情報保護方針
「研究・学会等への症例使用」に関する包括同意について

皮膚科

担当医師紹介 外来診療担当表 診療実績

皮膚科のご案内

当科では皮膚にみられる全ての症状、例えば痒みや何らかの発疹が出た場合はもちろん、しこりやいぼのようなものができた、皮膚がカサカサしているとか、ふけがひどい、毛が抜けるなど、ありとあらゆるトラブルを対象としています。
迅速かつ正確な診断と適切な治療を実現するため、ダーモスコープやナローバンドUVB、エキシマライト照射装置など様々な機器を導入しています。
また2010年2月から当院では、重症の乾癬の方を対象として生物学的製剤(点滴、皮下注)による最先端の治療を開始しています。

主な疾患

乾癬
表面に白い落屑を有する赤い発疹が、おもに肘やひざなどこすれやすい部位に出現し、ゆっくりと多発、拡大してくるものです。痒みを感じることもあります。ある程度の素因がある方にできるものと考えられていますが、食事やストレスなど生活因子もその出現や悪化に関係しているといわれています。
フケが急に多くなったときなどは、乾癬が頭にできた可能性があります。いずれにせよ疑わしい症状が見られた場合は、お気軽に当科までご相談ください。当科では活性型ビタミンD3やステロイドによる外用療法を基本に、症例によりナローバンドUVBやエキシマライトなどによる紫外線療法も併用します。さらにこれらの治療で難治の場合には、シクロスポリンやレチノイドなどの内服療法を行うこともあります。
【重症乾癬に対する生物学的製剤による治療を始めました】
 生物学的製剤(点滴、皮下注)が既存の治療に抵抗性の重症の乾癬に保険適応となりました。優れた改善効果と患者さまの生活の質の向上への貢献が期待される一方、感染症等の副作用に対する注意も必要となります。
このため定期的な検査や、副作用に迅速に対応できる施設でのみ使用が許可されますが、当施設は日本皮膚科学会による施設認定を受け、当薬剤が使用可能となっております。

アトピー性皮膚炎
アトピー性皮膚炎については、まず症状や経過、アトピー素因の有無を中心に、必要に応じて血液検査なども参考にして総合的に診断します。その上で悪化因子の検索やスキンケアの指導を行い、症状に応じてステロイドやタクロリムスの外用療法を中心とした治療を行っています。

 良性のほくろと癌
良性のほくろなどと癌との鑑別には、ダーモスコープという拡大鏡を使用し、診断の精度向上に役立てています。
良性の小腫瘍に対しては、疣贅(いぼ)などと同様に液体窒素による冷凍凝固術を行うこともありますが、粉瘤や脂肪腫、陥入爪などに対しては、適宜外来および短期入院にて手術を行います。
基底細胞癌や有棘細胞癌、パジェット病などの皮膚癌に対してはCTやエコー、シンチグラムなどによる全身検索の上、原則として入院にて、全身麻酔下の植皮も含めた手術を行っております。

 その他
【帯状疱疹、蜂窩織炎、全身ウイルス感染症、膠原病、水疱症】
その他、帯状疱疹や蜂窩織炎、全身ウイルス感染症などは原則として入院の上、安静および点滴による治療を行い、エリテマトーデスなどの膠原病や水疱症などに対しても、その症状に応じて入院により治療を行うことがあります。
【各種パッチテストによる原因検索】
・接触皮膚炎や薬疹、掌蹠膿疱症などに対しては必要に応じて各種パッチテストを行い、原因検索に努めています。
【紫外線療法】
・既に触れた乾癬以外にも、白斑や皮膚悪性リンパ腫など保険適応のあるいくつかの疾患に対しては、ナローバンドUVBあるいはエキシマライト紫外線療法を行っております。
【皮膚組織検査】
・皮膚組織検査は月、木、金の午後に外来手術枠で適宜行っています。
PageTop